skipNavigation
mainMenu
container
footer

国立ハングル博物館は、韓国の代表的な文化遺産であるハングルの歴史と価値を広く伝えるため、展示や体験・学習など様々な機会を提供しています。

国立ハングル博物館は訓民正音の創製当時から現在に至るまで、ハングルの象徴性と歴史性を代表する1万点余りの資料を所蔵しています。延面積は1万1,322平方メートルで、地下1階、地上3階からなる建物の他に、文化行事・展示・教育などを行う野外芝生広場や休憩スペースが設けられています。

1階にはハングルヌリ(図書館)、

2階には常設展示室とアルムヌリ(ミュージアムショップ・カフェ)、

3階には企画展示室、ハングルノリト(子ども向けの遊び場)、ハングルペウムト(外国人向けの学び場)などがあります。