주메뉴 바로가기 본문 바로가기
外国人(または外国法人)が韓国の領土内で土地を取得したり、韓国国籍者(または韓国法人)が国籍変更によって外国国籍者(または外国法人)になる場合、外国人土地法に基づいて該当土地管轄の政府機関へ土地の取得事実を申告しなければなりません。
土地取得届
  • 対象:韓国で土地取得契約を締結した外国人
  • 届出期間:契約締結日から60日以内。相続や競売などのような、契約ではなく他の方法により土地を取得した場合には6か月以内。
  • 必要書類:外国人向け土地取得用届出様式、身分証明書(出入国管理事務所から交付されたもの)、契約書の写し1部。
  • 契約外であることを証明する書類(例)相続――相続人の家族関係証明書または被相続人の除籍謄本など)
  • 過料:土地申告がされなかったり遅れた場合は過料が科せられます
    (外国人土地取得法に基づいて300万ウォン以下の過料が科せられます)。
土地継続保有の届出
  • 対象:内国人(国内法人)が外国人(外国法人)に変更された場合であって、所有する土地を継続して保有しようとする場合
  • 届出期間:外国人(外国法人)に変更された日から6か月以内
  • 必要書類:国籍変更を証明する書類(個人:市民権のコピー、法人:外国法人に変更されたことを証明する書類など)
    ※過料:土地取得後届出をしなかったり虚偽の申告をした場合、300万ウォン以下の過料が科せられます。
  • お問い合わせ:龍山区庁不動産情報科(電話番号02-2199-6954)