skipNavigation
mainMenu
container
footer
外国人(または外国法人)が韓国領土の土地を取得するか、国籍変更などの理由で内国人(または内国法人)が外国人(または外国法人)に変更される場合は、外国人土地法により所在地管轄自治団体に土地の取得申告を行わなければなりません。
土地取得の申告
  • 対象 : 外国人が韓国領の土地を取得する契約を締結した場合
  • 申告期間 : 契約締結日から60日以内
    相続・競売など契約以外の原因による取得は6ヶ月以内
  • 必要書類:契約外の原因を立証する書類(例)相続-相続人の家族関係証明書、または被相続人の除籍謄本など)
土地継続保有申告
  • 対象:韓国国内の土地を有している内国人(または国内法人)が外国人(または外国法人)に変更し、その後も継続して当該土地を保有しようとする場合
  • 申告期間:外国人(または外国法人)に変更した日から6ヶ月以内
  • 必要書類:国籍を変更した事実を立証できる書類(個人:市民権証書のコピー、法人:外国法人への変更を立証できる書類など)
  • ※ 過怠金:土地取得申告を行わなかったり、虚偽の申告をした場合は、300万ウォン以下の過怠金が課せられます。
  • お問い合わせ:龍山区庁 地籍課(電話番号 2199-6954)